リストラやパワハラで悔しい思いで退職に至っても円満退職することが解決。

退職するには

リストラやパワハラで会社を退職するとき「もうあいつらの顔なんて見たくない」、「こんな会社、金輪際関わらない」とほぼ喧嘩腰でやめる人もいらっしゃると思います。

その瞬間は、一瞬でもスッキリした気分になるかもしれないですね。ただ、そんな時は至って、職場の人もあなたのことを同じように思っています。人間関係って結構単純ですから、自分が「あの人嫌い」と思えば、相手も同じように自分のことを嫌っているわけで。

ですからリストラやパワハラなどで退職せざるを得ない場合は、非常に悔しい思いをするかもしれませんが、でもでも、できれば円満退職をすることが、次の転職先をスムーズに探すスタートであるともいえます。

なぜなら、どんなに悔しい思いをしたとしても、円満退職をすることで新しい職場での好調なスタートを切ることができるといっても過言ではありませんから。憎しみを抱えたままとか怒りをもっている間は、新しい職場に転職しても、ゆくゆく同じ結果になる可能性が大きいのです。

リストラにせよ自己都合退職にせよ、退職の話をする時は、きっと直属の上司に話すと思うのですが、その時から転職活動が始まっていると思ってください。

今までにパワハラを受けたなど、思い出すだけでも悔しいこと、ムカつくこともあるでしょうが、そこはグッと我慢して、ひょうひょうと話を切り出し、気持ちを高ぶらせることなく退職の意思を伝えるようにするといいでしょう。あくまでサラッとです。あーだこーだ文句や愚痴を言わなければ、それでかなり円満退職できる可能性が大きいです。

また、退職すると家族への影響は大きいですから、事前によく話をしておきましょう。家族の協力があれば、どんなに悔しいこと、どんなに困難なことがあっても百人力と言っても過言ではありません。退職してこれから転職活動をするにしても、新しい会社に転職するにしても家族の理解があるのとないのとではご自身の気持ちは大きく違います。円満退職も次の転職活動も家族の理解があると断然やりやすくなります。

それと、退職したいこと、退職することは正式に決まるまでは上司や同僚には一切口外しないことです。この手の話は皆興味深々ですから、未確認レベルで退職の話が社内に流れると、ぎくしゃくした雰囲気になることがあり、円満退職どころではなくなります。退職をすることが決断できたら、その時初めて上司に退職希望を伝え、その後、具体的に何日まで出社するかを、上司と打ち合わせるようにしましょう。

そのためには、前もって退職までにしなければならないことなども含めて日程を決めておき、もし既に転職先が既に決まっていたら、転職先企業の受け入れ日のこともあるので一度決めた退職日と入社日は変更しないようにしましょう。実は、退職をしたいと思った日から、引き継ぎ事項をまとめておくことが、気持ちの整理も早くつき、円満退職するためには欠かせないのです。

最後に、リストラとかパワハラで退職することになって悔しい思いをしている人は沢山いるはずですが、あなたの価値は、いなくなった後にわかることもあります。というか、絶対に分かりますから。

ですから、これまでの信頼を保てるように、問題のない退職をしたいものです。最終日まで、誠心誠意心をこめて仕事に向き合う姿勢を持ち続けることが円満退職になり、あなた自身の気持ちも含め、次への転職への成功となるはずです。

そして、悔しい思いをしていても、それは忘れて、新しいスタートを切るのです。人生は決して苦しいことばかりではありません。

退職するには