正社員で手取り14万円は低すぎ。早く転職して解決。

職場の悩み

先日、一般男性が正社員で手取り14万円というニュースがありました。これは衝撃でした。厚生年金、健康保険、税金などが引かれるものの、残ったお金が14万円では流石に生活が苦しいですよね。

例えば、私の場合だと妻と子供2人で手取り14万円だったら、家賃が10万円ですので、毎月赤字のオンパレードです。まぁ、夫婦共働きなのでなんとかなっていますが、毎月の収入は生きるために欠かせません。ですから、夫婦、子供のいる一般家庭でしたら手取り14万円は流石に少な過ぎます。かろうじて、独身で家賃が掛からない親元との同居ならなんとかなるのでしょうか?

きっと、気持ちを切り替えて前向きに転職すれば、今の手取り14万円よりは多くなるはずです。転職の多くは、今の会社よりも給料が下がるのが常ですが、流石に手取り14万円ならそれ以上低いことはないはずです。転職に不安はつきものですが、この場合は積極的に転職をしたほうが良いのではないでしょうかね。

余談ですが、例えば、時給1000円で8時間労働、20日間働くと=1,000×8h×20=160,000円。所得税を引かれて14,5万円ぐらいですから、正社員で身分が守られているとはいえ、時給1000円でアルバイトをしているのと同じくらいですから、やっぱり少ないですよね。まぁ、職種にもよるんでしょうが、想像ですが、同じように手取りが少なくて、悔しくて生きるのが不安な思いをしている人は多いはずです。もっと一人一人の手取り額を増やさないと日本が沈没しそうな、そんな心配さえしてきます。

労働者を大切にせず、非正規雇用は調整弁なんて言ってると、そのうち会社にその結果が返ってくるはずです。会社にとって従業員は財産です。派遣社員はコストで予算計上できるそうですが、人は物品のようなコストではありません。人ひとりがいれば、その人には家族があります。もしかすると家族を養っていかなければいけない立場かもしれません。従業員を大切にしないと、その家族まで途方にくれることになります。だからこそ、十分に生活できるだけの給料がないと困るのです。

余談が長すぎましたが、転職には年齢も大きな壁となります。もしこのまま昇給すら見込めないのなら、できるだけ早く転職活動を始めたほうがよろしいかと思います。悩んでいるうちに時間はどんどん過ぎていきます。今は、優れた転職エージェントもありますから、度胸を出して登録してみてください。「普通」の道が開けるかもしれません。

職場の悩み