中高年の転職活動の解決は悲観しないこと。

転職活動

「人生100年、70歳までは働きたい」と考えている中高年の方は多いかと思います。

でも、親の介護や職場の環境で仕方がなく転職しなければいけないこともあるでしょう。

ただ、中高年の方の場合は、若い時の転職と違って求人数が少なく、特に事務職の仕事がなく、なかなか就職先が決まらないことがあります。

スキルアップを重ねて前向きな転職なら、色々対応できると思いますが、様々な事情があって転職をする人は少なからずいらっしゃいますので、年齢に関わらず転職活動は適切に行う必要があります。

最近では、経験を積んだ中高年を即戦力として積極的に採用したいという企業も出てきており、年齢が高いからといって決して悲観することはありません。

もしも、中高年で転職活動をしたいと思ったなら、まずはハローワークに登録をして、仕事探しをしましょう。パソコン操作が得意で、自分でエージェントに登録して「バシバシ転職活動をするんだ‼」という方は別ですが、まずはハローワークからおススメします。

求人票の閲覧は、ハローワークの掲示物などからも可能ですが、パソコンからも閲覧できますので、もしうまく見つけられない時は、窓口で相談して探してもらえます。

パソコンを使って求人情報を検索することで、年齢や、実務経験、勤務地、資格などの条件に基づき、自分に合う求人の抽出作業が可能になり、毎日更新されていますので、こまめに通って仕事探しをすることも良い方法です。

ただ、近所の人に見られるのが嫌で、世間体が悪いとかストレスが増えてきたら、ネットを使った転職活動もどしどしやってみてください。

総務などの職種のエージェントは少ないですが、中高年を募集している求人情報も見ることは可能です。

また、今までのご自身の経験や資格を登録しておくことで、条件に合った仕事があればメールで案内してくれる便利なサービスもありますので、ぜひ登録してみてください。

転職活動