あなたが転職を意識するのはいつ?タイミングで解決。

転職活動

あなたの転職を意識する、考えるタイミングはいつでしょうか?

取引先からの受注が減った時?リストラが発表されたとき?ボーナスが出なくなった時?それとも残業が続いたとき?残業代が出なくなった時?パワハラが多くなった時?職場の雰囲気が悪くなった時?

理由は色々ありますよね。親の介護をする必要が出てきたときとか、地方に異動の内定が出た時もそうでしょうか。

今では、様々な理由で転職を考えるきっかけになることがあります。

少し前までの日本では、一度入社した会社には定年まで働いて、定年前にやめる人はあまりいませんでした。

あこがれのマイホームを買ったとたんに地方に異動なんてことも当然のように全て受け入れて、言葉に出さず黙々と働き続けることが、会社員の鑑とされていました。

そのような働き方に対する考え方は、年功序列制や終身雇用制度が当然であった多くの企業で考えられていたはずです。

そして、転職をする人は、退職金などで結果的に損をして、みじめな老後が待っているような雰囲気でした。ですから、定年まで働いてくれる正社員を会社側も「社員のためになる」ことをしてくれていました。

でも、今はどうでしょうか。社会は変わりつつあり、今よりより良い環境を求めて転職をすることで、結果的に自分にとってプラスになるという価値観ができています。

以前より転職に対して良い印象を持つようになった背景には、ブラック企業やリストラが蔓延し、退職を代行する団体まで存在するようになり、その分転職活動自体が容易になったこともあります。また、インターネットで転職活動が目に見えるようにしやすくなった背景も大きな影響だと思います。

また、かつては日本での転職といえば、自動車業界なら自動車業界、食品業界なら食品業界といった、同一業界が基本でしたが、今では、転職支援サイトなどが間に入ることで、転職希望者と企業とのマッチングがしやすくなり、異業種への転職活動の幅が広がってきているようです。就職氷河期に卒業して希望の職種ではない職業についた人には、夢だった自分がやりたい業種の会社に転職できるチャンスも可能になってきました。

転職を考えるタイミングは、人それぞれですが、もし今がそのタイミングで、たった一度の人生で、何かやり残したことがあるとか、自分の好きな仕事、得意な仕事をしたい、自分の夢を絶対に叶えたいという前向きな転職なら、今ならきっとあなたの夢は叶うはずです。

転職活動