非正規社員や派遣社員から正社員になるための早わざで解決。

転職活動

新型コロナの影響もあり、売り手市場から買い手市場に移行しつつある今、正社員から正社員への転職が難しい状況で、派遣社員から正社員になるのはかなり難しいかもしれません。

結婚や育児、介護のために一度でも正社員の座から降りて、非正規雇用や派遣社員で年数を重ねてしまうと、人事からはどうしても正社員よりも下に見られてしまい、それだけで不利な状況です。

でもね、フリーの私個人の意見としては、正社員ってそんなに偉いの?なんて思っています。同じ「人」なのに、正社員じゃないからと人を差別するって何か変な気もします。フリーの私から見れば、正規も非正規も派遣社員も皆ひとりの「人」です。一人の人がいれば、その人にはその人の今までの生きてきたストーリーがあり、誰一人同じ人はいない、他人とは違った経験をしています。

残念ながら、正社員以外の人を差別する人には、きっと正社員=優秀、非正規社員、派遣社員=優秀ではない、なんてくだらない、どうでもいいイメージがあるのかもしれませんね。

では、非正規社員や派遣社員の人が正社員になるにはどうすればいいのでしょうか?

それは、マーケティングを学ぶことです。「ん?マーケティング」と思われるかもしれませんが、マーケティングってどんな世界でも大切です。我々フリーランスにとっては、マーケティングの知識は必須ですが、サラリーマンだとマーケティングを知らなくてもなんら問題ありませんよね。でも、これから正社員になりたいあなたにとって、マーケティングは己を知るためには必須なんですよ。

ということで、まずはご自身の今までの経験の棚卸から始めてください。あなたが今まで経験してきたこと、「えっ、こんなことでもいいの?」というような経験でも全て紙に書きだしてください。

そして、
「私を採用したら会社にこんなメリットがある」
「私にはこんなことができる」
「私には今までこんな経験があります」
など、会社に入った時のできること、会社にメリットとなることを書き出してください。
多くの人は「何が何でも正社員になりたい」というだけで、ご自身の棚卸さえしません。ですから、まずはご自身の棚卸をしてください。

ちなみに、ここら辺がマーケティングの分野でもあります。
例えば、メリットを考えるにあたり、いままで何となくやっていたことが、それは自分にとって、他社にとってどんなメリットがあるのかを考えるきっかけになります。
あとは、ベネフィットなども考えると楽しいですよ。もし、興味があれば、マーケティングを学んでみてください。きっとあなたの役にたちます。

今まで非正規雇用だったからとか派遣社員だったからなんて引け目を感じることなく、自信をもって挑んでください。マーケティングを学ぶことで、あなたのことを待っている会社は必ずあります。

転職活動