契約社員や派遣社員などはメリット、デメリットで解決。

転職活動

派遣業務に就く人は年々多くなっている傾向だと思いますが、正社員の数が減ればそれだけ今後もますます人材派遣会社の数は増えていくものと思います。

そして、現在の日本では仕事の雇用形態も様々になっており、定年まで働くイメージの正社員だけが働くスタイルではありません。正社員のほかに準社員、契約社員、派遣社員、期間社員、パート、アルバイト等の名称で様々な雇用形態があります。

給与も月給や日給のほかに時給などの区別があり、健康保険等への加入の有無もあります。今後はパートにも社会保険が加入できる要件が緩和されました。

現在では、正社員以外の働き方をしている人は全体の40%近くにのぼり、いかに多くの人が非正規で働いているかがわかります。また、いかに人材派遣会社に対して、派遣社員を望む企業が多いことがわかるのではないでしょうか。良く言えば、専門家を探している、悪く言えば雇用の調整弁でしょうか。

最近では、契約社員が増えてきており、その契約社員になる前提でいったん派遣で働いてもらい、お互いの仕事のイメージや人柄などを見るという形で人材派遣会社は企業へと人材を紹介しています。

この契約社員は、企業で働く人のうち、正社員は定年まで働くことが前提になっていますが、契約社員は決まった契約期間の間だけ働くというものです。

契約期間だけ一生懸命働いてお金を稼げる一方、雇い止めも社会問題になっていますよね。契約社員もメリットとデメリットがあり、正直迷いますよね。業務内容的は正社員とほぼ同じ事をしているのに、なぜか給与や待遇等は正社員よりも冷遇されている場合も少なくありませんからね。

私の個人的な意見では、デメリットのほうが多いようにも見えますが、ただ、様々なデメリットがありながらも、契約社員として働く人が増えているのは、ゆくゆくは正社員で働く希望があり、同じ働くならアルバイトよりはいい待遇で働けるからだと思います。

その他の契約形態でも当然メリットとデメリットがありますので、きちんと整理してみるとと良いかもしれません。

転職活動