いつかは転職したいって言ってるだけの人、その問題は解決しない。

転職活動

「いつかは転職したい」、「いつかは独立したい」こう言って、実際に転職したり、独立した人は、私は知りません。

転職したい、独立したいとは、サラリーマンの多くの人が一度は考えたことがあると思います。私も実際にそうです。でも「転職したい」、「独立したい」と「転職した」、「独立した」では全然意味も行動も違います。ほとんどの人は、転職したいけど、家族が反対する、給料が減るのが困る、またゼロから人間関係を作らないといけないなど、あれこれ理由をつけて、決して転職したりしません。

転職する人は、愚痴を言う前に行動しています。もう、周りの同僚や上司に相談せず、直ぐに転職の準備をして、さっさと転職していきます。それぐらい行動に差が出ます。

もしあなたが「転職したい」と考えていたら、その理由をしっかり自覚してください。仕事が辛いからでしょうか?人間関係が辛いからでしょうか?給料が安いからでしょうか?残業が多いからでしょうか?それとも他にやりたいことがあるからでしょうか?

ここら辺をきちんと整理をしないと、いつまでたっても「転職したい」と言うだけになってしまいます。転職って、あなたが考えている以上に大変なことですよ。だって人生が変わりますから。

しかも、転職したら人間関係はゼロから始めないといけないし、給料は下がるかもしれません。休みも減るかもしれません。そう考えるだけで不安になりますよね。だから、ほとんどの人は「転職したい」と思っても転職できません。私のイメージでは、転職を実行する人は「できる人」か「続かない人」でしょうか。

あなたは、どちらになりますか?転職をしたいと思ったら、あなたは絶対に「できる人」にならなければいけません。今までの実績と経験を引っ提げて、次の会社に「自分を雇うとこんなにメリットがある」と思わせないといけないのですから。

でも「いつかは転職したい」と考えている人は、その部分の思考がまだ完成されていません。一度、試しに転職エージェントに履歴書や職務経歴書を登録してみてください。そうするとエージェントの反応が返ってきます。ちなみに私の場合は、大手の転職エージェントに登録したら次の日には、「紹介できる案件はありません」と返信メールが来ました。本当、私は甘い考えでした。当然私も「いつかは・・・」なんて閑雅ていましたからね。

ですから「いつかは・・・」ではなく、もし転職したいなら今すぐ行動してください。転職は真剣に行動しないと後悔しますよ。ゲームや遊びじゃありません。

転職活動