採用する会社も本気です。あなたの本気が解決。

転職活動

ここ最近はコロナ禍の影響で、就業したくても就業できない人や大企業をはじめとしたリストラの影響もあり、求人数は再び厳しい状況になり、転職市場は買い手側が有利になっているようです。

転職する側にとっては、それこそ人生を懸けた一大イベントですので、様々な企業にチャレンジして、希望の職種に着けることが理想なんですが、なかなかそうもいかず、妥協してしまう人もいらっしゃると思います。

採用する会社側からすれば、いかに良い人材を獲得することが命題でしょうから、簡単には採用しません。もちろん、人手不足で直ぐに採用してくれる会社もあるでしょうが、きっとそれらの会社はあなたの理想とする勤めたい会社ではない可能性のほうが高いと思います。

本当に良い人材を求めて採用する側の会社は、応募してくるあなたのことを真剣に精査してきますので、綿密な計画と準備で挑む必要があります。

会社としては、採用するからには、あなたに採用するだけの価値ある経験を持ち、会社に利益を与えてくれる人でないといけません。そのため、採用試験では、必要な人材なのかを確認するために、多くの会社では数回の面接を行っています。

面接と一言で言っても、個別面接やグループ面接のほか、役員面接など様々なパターンがありますが、ここで重要なのは、あなたのことを真剣に採用するかを見てくれる面接です。

概ね、最終面接のときに会社の重役など、ある程度の責任のある人が個別で面接してくる場合でしょうか。

ここでポイントとしては、大抵の場合は事前に提出している履歴書や職務経歴書を見ながら話を進めますが、履歴書に書いてあることをなぞるだけの質問であれば、少々警戒する必要があるでしょう。面接で話す内容が、履歴書を読めばわかる程度のことばかりなら、会社側が本気であなたを採用したいかが疑問ですし、もし入社してもそれほど期待はされないかもしれません。

もしも、面接でいい人を見つけ出したいと会社が思っているならば、履歴書を確認するだけの面接ではなく、真に会社にとって有益な人材かどうかをあらゆる面から質問してきます。会社側も人材の採用には相当なお金を掛けていますので、ほしい人材を見つけるためには、それ相応の対応をとってきます。

ですから、あなたも本気で挑んでください。「この会社がダメなら次を探せばいいや」なんてことはダメですよ。会社側も本気です。だからこそ、面接が終わったあとに後悔しないためにも、あなたの転職活動は綿密な準備が必要なのです。

もし、どうやって準備するかがわからなければ、転職エージェントにアドバイスを求めても良いかと思います。人にアドバイスを求めることは、決して恥ずかしいことではありませんからね。

転職活動