コロナ禍の今だから、派遣も一つの解決策。

派遣会社

派遣は、雇い止めとか派遣切りの言葉が先行して、あまり良いイメージはないかもしれません。

でも、コロナ禍でリストラにあった、解雇になったなどのやむを得ない理由で退職した人は、次の就職先を見つける間、当然お金を稼がなければ生活できませんので、転職活動をしながら派遣社員で働くことも一つの選択肢に入れても良いと思います。

ここ数年で派遣社員として仕事をする人の数も多くなり、派遣社員の求人も掲載する求人サイトがふえています。

もちろん、仕事を探している人の中には、派遣の求人は片っ端から無視をして、正社員のみに絞る人もいますが、そういう人は、コロナ禍の影響は少なく預貯金もあり、当面の生活費に問題はないからなどの理由があるはずです。ただ、派遣社員の良さを理解した上でそういう行動をとっているのかは疑問ですので、コロナ禍で苦しんでいるあなたは、急を要すると思いますので、一度派遣社員にも目を向けてみてください。

例えば、時給を確認すると、比較的条件が良いところもあります。これで派遣社員の待遇なのかと、驚くような求人も中には混じっています。派遣社員の場合、人材派遣会社を通して働くことになりますので、自分の得意分野や希望、今までの事情をしっかり話して、納得のいく派遣先を紹介してもらってください。

ただし、人材派遣会社に希望を伝えても全ての希望が叶うわけではありませんので、あまりにも仕事の内容が違いすぎる場合は、仕事を受けないことも可能です。その場合は、別の人材派遣会社に登録してください。人材派遣会社は全国を網羅する大手から地域密着限定の人材派遣会社まで多々あります。

また、人材派遣会社は、仕事を紹介するだけでなく、働いてからも契約違いのことがあったときに対応を頼めます。派遣労働者として仕事をする人は、今後も増加の傾向にありますので、求人サイトでも派遣の求人がどんどん増えていくでしょう。

自分は正社員しか考えていないから契約社員では嫌だ、派遣社員はもっと嫌だと言っていては、今のコロナ禍を乗り越えることは難しくなるかもしれません。コロナ禍が終焉し、会社が正社員を募集する時期はきっと来るはずです。それまで「生活費を稼ぐため」と割り切って派遣社員で働いて命を繋ぐことも大切です。

コロナ禍で正社員の道が閉ざされたわけではありません。かならずコロナ禍の終わりはきます。その時に直ぐに転職活動が出来るように、派遣社員で働きながら準備をしておくことも上手な時間の使い方だと思います。

あなたのことを陰ながら応援します。コロナに負けるな。

派遣会社