転職エージェントのスカウト制度は転職活動の解決策。

転職エージェント

最近は、転職エージェントのスカウト制度を活用することで、効率的で効果的な転職活動をしている人がいます。

今までだと、ハローワークで企業が求人票を掲示し、求職者はその求人票を見て、自分が働きたい仕事を選んでハローワークを通して企業に連絡するのがよくある形でした。しかし最近では、企業が求人を出して応募を待つだけでなく、積極的に転職サイトを使いスカウトし、能動的に活動するようになっています。それが転職エージェントのスカウト制度です。

企業の側とっては、仕事を探している人を積極的にチェックして、専門的な職務経歴がある人、所謂優秀そうな人、コミュニケーションに長けている人、採用してメリットがありそうな人を絞り込んで探せます。

スカウトシステムは企業と求職者のマッチングを行うもので、求職者のほうが自分の情報を詳細に提示して企業からのスカウトを待ち、企業側が登録された求職者の情報をチェックして、自社に来てほしいと感じた人に連絡するという仕組みです。企業側から魅力を感じて声をかけた人材に面接を受けてもらうという形なので、普通の求人情報よりも採用までいく可能性が高まります。

転職したい側からみれば、これまで得た経験や実績をもとに、より良い条件の企業にステップアップ転職をしたいと思うのは至極当然です。ただ、個人で活動して直ぐにステップアップできる好待遇の転職先が見つかれば良いのですが、長らく不況でもあり、そう簡単には今よりも好待遇の企業を見つけ出すのは至難の業です。そこで転職エージェントのスカウト制度を利用するわけです。

転職エージェントが入ることにより、あなたは今まで通り会社に勤め、その間にスカウトを待つことで転職活動が出来るのです。こうすることで転職活動のリスクが少しでも抑えられます。私も一度登録して活用したことがありますが、登録すると直ぐに様々な企業から連絡が来ます。もちろん、興味のない企業はスルーしてもOKですし、気に入ったら返信をして即面接ということもあります。

スカウト制度の良いところは、既に自分の職務経歴などを詳細に転職サイトに登録している為、改めて履歴書を送ることは少なく、いきなり面接からということもありますので時間の節約にもなります。「履歴書を送っても全然見てもくれない」悲しい思いは減ると思います。転職活動をしている間は、時間は非常に大切ですから、この点でもメリットはあります。

まぁ、ただ職務経歴書を詳細に書いているにも関わらず、全然関係ない企業とか興味のない企業から、はたまたスカウトではなく人材派遣の会社からの「登録しませんか?」のスカウトじゃないじゃんというものも多く来ますので、仕分けは必要です。

ただ、それを除けば、スカウト制度を利用して転職活動をすることは、個人で転職活動をするよりもずっと効率的で効果的なメリットが得られるはずです。きっと転職活動の悩み解決策となります。

転職エージェント